2013年04月30日

中国用VPNサービス比較まとめ

※2013年4月29日、ソフトイーサ「VPN Gate」の情報を追加したため、
ランキングを更新しました。

主な日系VPNサービスを実際試してみて、ランキングを付けてみました。
結果は以下のとおり。


 第1位  BlueSurface、インターリンク「セカイVPN
     同程度で両者一位

 第2位  VPN-FAST、神風電網セキュリティ
     VPN-FASTはつながらない場合があるが、つながれば満足できるサービス。
     神風電網は通信面は問題ないが、登録必要情報などに疑問がある。

 第3位 ソフトイーサ「VPN Gate」
     サーバーがいくつかあり、つながらないものが多い。
     つながる場合ももちろんあり。無料という点はポイント。

 第4位  スイカVPN、良之介VPN
     両者、VPNには接続できるが、肝心なサイトが見れない。
     他地域では見れるかもしれないので、3位。

 第5位  Asia VPN、どこでもVPN
     Asia VPNは無料お試しできないので、契約する気になれない。
     どこでもVPNは申し込んだが、連絡なし。



評価項目は、通信面、顧客対応面の大きく2点です。

使いやすさ、料金などはどのサービスもほぼ変わりませんので、
評価項目には入れていません。

各サービスの詳細はそれぞれのレポートページをご覧願います。


ここでは、全体を通して感じたことを書いてみます。



1.通信面


まず、サービスで最も重要な通信面ですが、
VPNにつながってもサイトが見れないなどの問題がよくあります。

そのような中、ランキング1位と2位の4サービスは、
なかなか安定した通信を維持できました。
スピードもほとんど変わりなしで、結構快適に利用できます。

4位の2サービスは私が試したところでは、
見たいサイト(Facebookなど)にアクセスできませんでした。

3位のソフトイーサ「VPN Gate」はサーバーがいくつかあり、
時々つながる程度。つながるのは10個に1個くらいの割合かな。

通信面は最低限満たしてほしい条件ですので、
購入前には必ずお試しサービスで試してみたほうがいいですね。



2.顧客対応面


顧客対応面に関しては、いくつか項目があります。
以下それぞれ説明してみたいと思います。


@無料お試し期間
ほとんどのサービスに無料お試し期間があり、
その期間に通信状況などを確認できます。

Asia VPNだけは残念ながら無料お試しが無く、
直接購入という流れなので、おすすめはできません。
購入してもつながらない可能性も十分にありますからね。

それで、無料お試しの期間の長さですが、
以下のような状況でした。
 ・3日間: VPN-FAST、神風電網セキュリティ、良之介VPN
 ・1週間: BlueSurface
 ・1ヶ月間: スイカVPN
 ・2ヶ月間: インターリンク・セカイVPN
 ・完全無料: ソフトイーサ「VPN Gate」

個人的に3日間はちょっと短い気がしました。
日中は仕事をしていたりして、
プライベートの時間に試そうとすると夜とかになり、
仕事がちょっと忙しかったりすると
ろくに確認できないまま3日が過ぎてしまいます。

最低でも1週間は欲しいところです。
そのような意味でBlueSurface、インターリンクに軍配があがります。


A利用までの時間
無料お試しを申し込んでから使えるようになるまでの時間も
各サービスに差があります。

最も早いのがインターリンク・セカイVPNです。
こちらは申し込みから利用まですべて自動化されていて
すぐに利用に必要な情報がメールで送られてきます。

その他のサービスはすべて申し込みから利用までの間に
人の手が入っていると思われます。

面白かったのは神風電網セキュリティで、
こちらは仮アカウントというのを発行して正式利用までをつないでいました。
この仮アカウントは連続接続が10分しかできないものです。

これでとりあえずつないでおいて、後ほど正式アカウントを発行、
という流れです。

VPN-FASTなどは申し込んでから利用開始の情報をもらうまで
3日くらいかかりました。
土日を挟んだということもありますが、
すぐ使ってみたい人にとってはこの時間も重要ですね。

他はたいてい1日以内に連絡が来ます。
どこでもVPNだけは、待てど暮らせど一向に連絡無しでした。
こういうのも困りますね。


B登録必要情報
私が意外と気にするのが、この登録に必要な情報です。
よくわからない人に自分の個人情報を教えるのは結構抵抗があります。

そのような意味で、今回の評価ではこの点も重視しました。

一番情報が少なくて済んだのはBlueSurfaceです。
お試し版は名前とEmailアドレスだけで申し込み完了。
非常にお手軽に試して見ることができます。

一方、申し込み時に少し躊躇したのが、VPN-FASTと神風電網セキュリティ。
どちらもパスポート番号まで入力しなければなりません。
神風電網にいたっては日本側の連絡先などまで入力が必要で、
正直途中で止めようかとも思ってしまいました。

しかもその情報の扱いを厳重にしてくれていればいいのですが、
申込時にSSLがあるわけでもなく、しかもそのままメールで
垂れ流しにしている状況には、同じIT業界にいる者として
ちょっと信じがたいところです。

いくら中国でのサービスとは言え、利用者の多くは日本人なのですから
個人情報の取扱には十分に注意すべきだと思います。



以上、何日間かにわたって実験してみた結果報告です。
必要条件が満たされると、後はやはり顧客対応などの面での差が気になりました。

とは言え、私のようにすべてを試してみて購入するような暇人は
ほとんどいないでしょうから、普通の人は以前の記事でも書いたように
周りの人が使っているサービスを真似して使う程度でいいと思います。

私は何事もついつい調べたくなる性分なので、
結構細かく調べてみましたが、普通の人は「見たいサイトが見れるかどうか」
「アクセススピードはどうか」くらいしか気にしないでしょうからね。


私としてはせっかく調べたので、友人・知人には1位の二つのサービスを
強く推薦していこうと思います。
だって結構時間かけて調べたんですもん(^^)

偶然この記事にたどり着いた方も、これからVPN使おうと思っているのなら
BlueSurfaceかインターリンク・セカイVPNを使ってみることをおすすめします(笑)

それでは、皆さん、快適な中国のインターネット環境をお楽しみください。



posted by Gail at 15:34 | Comment(7) | VPN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BlueSurface、iPhone/iPad版を使ってみた

先日BlueSurface運営会社からメールが送られてきて、
iPhone/iPad版のベータ版がリリースされたとのこと。

iPhone/iPadユーザーの私としては非常に助かります。


で、さっそく設定してみました。

以下のページに設定方法が書いてありますが、
少し特殊な仕組みになっています。
これまでのiアプリとは異なる形での設定です。

BlueSurface iPhone/iPadの設定ページ

一般的にはApp Storeからアプリをダウンロードして
使用するのですが、今回のBlueSurfaceは指定された
URLへアクセスし、そこからソフトをダウンロード、
インストールする形となっています。


【BlueSurface以外のVPNサーバーも設定】


上記ページの手順に従って、ソフトをダウンロード、
インストールしてみると、案内通り、
「設定 > VPN」の中に、BlueSurface VPNが表示されました。

また、ちょっとびっくりなのですが、
BlueSurface以外にもいくつかVPNサーバーが
設定されています。

上記BlueSurface設定ページを良く読むと、
どうやらVPN Gateの公開情報を自動で設定しているようで、
これらのサーバーが表示されているようです。

別の記事でも書きましたが、VPN Gateの公開情報は、
無料で使用できるのですが、常に更新されているため、
手動で設定して使うにはちょっと無理がある情報です。
(使うたびにサーバー情報を変更しなければならないので)

その公開情報の最新版を自動で取得し、自動で設定する
という機能が付いているようです。

最初、使い方がよくわからなかったのですが、
いろいろ試してみた結果、iPhone/iPad上のBlueSurface
アイコンをクリックすると、VPN情報を更新する仕組みに
なっているようです。

BlueSurfaceのVPNサーバーの情報は更新されていない
ようなので、VPN GateのVPNサーバー情報が更新されて
いるということですね。

  BlueSurfaceアイコンをクリック
   ↓
  「更新する」ボタンをクリック
   ↓
  プロファイル画面で「インストール」をクリック
   ↓
  未署名のプロファイル画面で「インストール」をクリック

すると、VPN Gateの新しいVPNサーバーが設定されています。


BlueSurfaceの利点は面倒な設定が不要、
という点だと思っているのですが、
今回もそのような意味で設定を自動化したという点が
ポイントかもしれません。


【接続状況】


接続スピードは悪くないですね、今のところ。
まだ利用者があまり多くないからかもしれませんが、
わりとさくさくアクセスできます。

VPN GateのVPNサーバーの方は、
やはり時々つながらないものもあります。

特に古いサーバー(と言っても2,3日前に更新したもの)の場合、
ほぼつながらないです。
先述のように常にプロファイルを更新して、
最新情報にしてからでないとダメみたいですね。


【Android版】


Android版は残念ながらまだ開発途中のようです。

私は幸いにもiPhoneユーザーなので特に問題ありませんが、
Androidユーザーは待ち遠しいかもしれませんね。

ただ、iPhone/iPad版のBlueSurfaceと言っても
結局はVPNを自動で設定するサービス、というものですので、
BlueSurfaceのVPNサーバーの情報を教えてもらえれば
Androidでも使用可能なはずです。

どうしてもAndroidで使いたい人は問い合わせしてみても
いいかもしれません。


【まとめ】


少しダラダラ書いてきましたが、BlueSurface iPhone/iPad版に
ついてまとめておきます。

 ・機能としてはVPNそのもの。
  PC版BlueSurfaceに見られるような、
  他のVPNサービスと異なる点などは特に無し。
  
 ・iPhone/iPadにVPNを自動で設定してくれる。
  他のVPNサービスのように手動でサーバー情報やID・PWを
  設定する必要はない。

 ・インストールはあまり見ない方法で実施。
  指定URLへアクセスし、そこからインストールする形態。
  他のiアプリのインストールとは異なる。  

 ・VPN Gateの公開情報も自動で設定してくれる。
  BlueSurfaceアイコンをクリックすることで、
  iPhone/iPadのプロファイルの更新が行われ、
  VPN GateのVPNサーバー情報が最新状態に更新される。



【現時点でのVPNサービスランキング】


 第1位  BlueSurface、インターリンク「マイIP
     両者同程度、一長一短ありで1位。

 第2位  VPN-FAST、神風電網
     VPN-FASTはつながらない場合があるが、つながれば満足できるサービス。
     神風電網は通信面は問題ないが、接客対応面に疑問がある。

 第3位 ソフトイーサ「VPN Gate」
     サーバーがいくつかあり、つながらないものが多い。
     つながる場合ももちろんあり。無料という点はポイント。

 第4位  スイカVPN、良之介VPN
     両者、VPNには接続できるが、肝心なサイトが見れない。
     他地域では見れるかもしれない。

 第5位  Asia VPN
     無料お試しできないため、契約する気になれない。


posted by Gail at 15:02 | Comment(0) | BlueSurface | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年04月29日
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。