2013年04月29日

ソフトイーサVPN「VPN Gate Client」を使ってみた その2

前の記事でソフトイーサVPNサービスの概要について
書きました。

この記事では実際に使ってみての良い点・どうかなと思う点を
書いてみます。


------------------------------
 良い点
------------------------------

・VPNサーバーの情報が公開されている
 この点はおもしろい点です。
 使う人によって利点になります。

 日本だけではなく、世界各国にサーバーがあるので、
 その国のWebサイトを見たい、などという場合は便利です。

 大抵の人は日本のサイトを見れれば十分だと思うので
 あまりこの点を利点と思う人はいないかもしれませんけどね。

 ただ、IT技術者にとってはこの公開情報は結構有益な情報
 だと思います。

 無料でVPNサーバー情報を入手できますからね。


・無料
 このブログでは安定性・安全性を考慮したサービスを
 紹介しようと思っているため、基本的に有料サービスの紹介と
 なっていますが、このソフトイーサVPNサービスは無料でも
 紹介に値すると思っています。

 無料でこれだけのサービスを受けられるのであれば
 満足度は高いんじゃないですかね。


------------------------------
 どうかなと思う点
------------------------------

・つながらない
 話題になった当初は接続に問題がなかったのですが、
 中国政府の目に留まってしまったのか、
 今では中国からほとんどつながらない状況となっています。

 ソフトイーサVPNサービスはサーバーがいくつかありますので
 すべてが常につながらないというわけではありません。

 いくつか試すと、時々つながるサーバーもあります。

 ただ、そのサーバーを見つけるまで時間がかかり、
 見つかったとしても、次にアクセスした時にはすでに
 つながらなくなっている、ということもしばしばです。

 これではいくら無料でも元も子もないので、
 中国で使えるVPNサービスとしてはあまり価値がないですね。


・過激な宣伝
 今はなくなりましたが、話題になった2013年3月上旬は
 その宣伝文句が非常に過激でした。

 「VPN Gateはインターネット上のベルリンの壁の崩壊を引き起こす」
 というのがその文言。

 当初はVPN Gateのサイトのトップページにデカデカと
 この文字が書かれていました。

 そんなこともあってか、VPN Gateはほとんど宣伝もしない
 にも関わらず、アクセス数が急増し、公開から5日で累積利用者が
 約77,000ユーザーに達したということ。

 公開者の意図はよくわかりませんが、
 もしそれが中国でのVPN Gateユーザーの増大だとしたら、
 作戦は見事に失敗してしまったというところですね。

 中国はそれほど甘い国ではないですからね。

 私たち中国にある程度通じているメンバー内では、
 このサービスはすぐにつながらなくなるだろう、
 という意見が大半だったのですが、
 結果的にその通りになってしまいました。

 政治的なにおいをちょっとでも醸し出すと、
 中国政府は全力で対抗してきます。

 もっとも、VPN Gateのサイトには、
 どこにも「中国」という言葉は出ていなかったので、
 真相はわからないのですけどね。


・Windowsメインのサービス
 他の多くのサービス同様、VPN Gate Clientは
 Windowsのみで動くソフトです。

 Macメインで使用している私としては
 やはりMacでも使えるようにして欲しいところ。

 もちろんVPN Gateのサイトでサーバー情報は公開されているので
 その情報を設定すれば、Macでもスマフォでも使用できます。
 
 ただ、VPN Gateのサイトの情報は常に更新され変わるので
 手動での設定ではとても不便で仕方ありません。

 Mac版、スマフォ版もぜひ欲しかったですね。
 つながらない今となってはあまり関係なくなってしまいましたが…


------------------------------
 実験環境
------------------------------

 ・サービス: VPN Gate Client(運営 ソフトイーサ株式会社、筑波大学)
 ・日時  : 2013年4月13日(土)14:00 〜 2013年4月13日(土)16:00
 ・場所  : 上海市長寧区
 ・通信会社: 中国聯通(建物での固定回線)
 ・試用端末: Windows 7 PC


------------------------------
 現時点でのVPNサービスランキング
------------------------------

 第1位  BlueSurface、インターリンク「マイIP
     同程度で両者一位

 第2位  VPN-FAST、神風電網
     VPN-FASTはつながらない場合があるが、つながれば満足できるサービス。
     神風電網は通信面は問題ないが、接客対応面に疑問がある。

 第3位 ソフトイーサ「VPN Gate」
     サーバーがいくつかあり、つながらないものが多い。
     つながる場合もあるということと、無料ということで3位。

 第4位  スイカVPN、良之介VPN
     両者、VPNには接続できるが、肝心なサイトが見れない。
     他地域では見れるかもしれない。

 第5位  Asia VPN
     無料お試しできないので、契約する気になれない。



以上、ご参考まで。


タグ:VPN 中国
posted by Gail at 18:55 | Comment(0) | VPN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。