2014年02月11日

SkypeがTOM社との提携解消

最近知ったのですが、SkypeがTOM社との提携を解消したようですね。

以下の記事ごご参照ください。

 「米マイクロソフト 、中国でのスカイプ利用に監視防御の仕組み導入=市民団体」
 2013年11月28日 REUTERS

 「光明方正 スカイプの中国業務を引き継ぎ」
 2013年11月27日 人民網日本語版


記事によると「2013年11月25日にSkypeはTOMグループとの提携を
打ち切った」とあります。

2011年5月にSkypeはマイクロソフト社の仲間入りとなったわけですが、
それ以降も中国ではTOM社がSkypeを運営してきていました。

上記の記事からは、今後の中国でのSkype運営については、
基本的にはマイクロソフト社が担当し、
新しく提携した光明方正社とも協力しながら運営していく、
というように捉えられます。

まぁ、実際には光明方正社が提携先として運営していってるんでしょうね。

すでにSkypeの中国語版サイトのURLはTOM社のものから
変わっています。

→ http://skype.gmw.cn/

gmwは光明方正社のドメインのようですので、
現在は完全に光明方正社が運営しているようです。

上記REUTERS社の記事を見る限り、
検閲機能は撤廃されているようですね。

ただ、アカウントの整合性の問題などは
どうなっているのかまだわかりません。

以前のTOM-Skypeの時は、アカウントの課金部分の
整合が取れず、TOM-Skype以外で作ったアカウント
でチャージしてもTOM-Skypeのアカウントでは使用
できない、ということがありました。

中国以外の国から中国に移ってきて、
中国でTOM-Skypeをインストールした人などが
結構困っていた話を聞いたことがあります。

日本でチャージしたお金が中国では使えない、
ということですね。


今回の新提携でこの辺りも変更されるとは
思いますが、中国でSkypeを使っている人は
マイクロソフト社の中国でのSkype事業の展開を
気にしていたほうが良さそうですね。









posted by Gail at 18:26 | Comment(0) | Skype | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。